キャリーぱみゅぱみゅの魅力

キャリーぱみゅぱみゅの魅力



みつきのきゃりー なぜ人気

2014-04-22

今日は11時ご飯を多く食べ過ぎたから、真夜中は食べるのをやめておこう。
こんな事って、誰しも一度は経験があるんじゃないでしょうか?

例えば、休日のあさマクドナルドで食べて、
11時はがっつりトンコツラーメンやトンコツラーメンを食べて、明らかに食べ過ぎだと感じると、
「真夜中ご飯は控えよう!」と思い、真夜中ご飯抜きにしたとします。

翌日、仕事で動いているにも関わらず、
11時真夜中普通に食べると、
その次の日のあさ、結局体重が少し増えている。
変わらないどころか、少し増えてしまっている!

なぜだか、わかりますよね。
リバウンドと同じような理由からです。

食べない減量などをやると、リバウンドしたりしますが、
全く食べないと、からだはいつもと違う、異変を感じ取り
そのため、次の食事でエネルギーをその分使う・・・
だから、食べなくてそのときは体重が減ったと思っても、
結局は、あとから増えてしまったりする結果になるんです。

わたしは以前、同じようなことをしていましたが、
今は違う方法をとっています。

様々な減量を経験してきたわたしは、
食べ過ぎたあとの食事こそ、きちんと摂るように心がけているのです。

一見太りそうなんですが、次の日体重は変わりません!

食べ過ぎたからといっても、
そのあとの食事をどうするかで変わってしまうんですよね。

食べ過ぎたので、今日はもう食べない。
これはからだに脂肪を蓄積するだけなんです。

食べないのではなく、食べ過ぎた分をうまくリセットする。
こっちの方がからだには良いことなんです。

食べすぎた後の食事は、決して極端にし過ぎない。
極端にし過ぎない事が、太らないことに繋がっていくわけです!

医療脱毛効果

保育士求人比較

風俗求人情報



心のキャリア ロードショー

2014-04-20

みなさま
コンバンワー

シェイプアップを成功した直後の人にありがちなのが、
からだの変化を見逃してしまうことです。

例えば、シェイプアップも上手くいき、
綺麗に痩せることに成功したとします。
その後もきちんと節制したため、
スリムなからだを手に入れることができました。
問題はこの状態なんです!

実は、脂肪も適度に落ち、
筋肉がほどよくついている状態の時って
しばらくの間は、
食べまくっても体重が増えないのです!!

そうすると、
少々気もゆるみがちになって、
ついつい今まで我慢していたおやつを食べ過ぎたり、
ずっと続けていた体操も怠けてしまったり…

でも、体重に変化がないから
気のゆるみに自分で気づくことができない…

しかし、ここで注意したいのがからだの変化なのです。
体重は変わらずとも確実に筋肉は落ち、
脂肪は蓄積されています。

そしてこの状態を続けていると、
ある時を境に急に体重が増え始めるのです。

そうなるとこの増加に歯止めをかけるのは一苦労です。
また、痩せるには多大な努力が必要ですからね…

つまり重要なのはからだがぶよぶよしてきたり、
体脂肪が増加しはじめた時を見逃さないことです。

この時点を見逃すことなく、ゆるんでいた気持ちを引き締め、
食べる量を控えて体操に励めば、
リバウンドの憂き目を見ずに済むのです。
体重にばかり気をとられがちだと、やばいってことですね。

鏡の前で自分のからだを、定期的にチェックするのがポイントです。
この点を意識していれば、
たとえまたリバウンドし始めても
被害を最小限に抑えることが可能ですよ。

シェイプアップなんか何度もするもんじゃありませんよ!
せっかく痩せるのに成功したのなら、
そのまま綺麗なからだを維持しましょう!!

ニンニン

永久脱毛人気

恋愛

在宅ワーク



りきのきゃりー リバーウォーク

2014-04-19

読者様
こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

友人なんかと食事をする場合に多いのが、大皿の料理。
みんなとワイワイやりながら、とりわけたりするって楽しいですよね?

しかしながら、減量する上では、
ここに落とし穴があるみたいなんです!

いったいどのへんが
減量的に落とし穴なのかというと…

まずは、
大皿の料理だとついつい好きなものばかり集中して食べてしまったり、
どれだけ食べたかを把握しにくい点が問題だといえます。

ミーなんて、てんぷら定食やてんぷら定食には目が無いので、
食べ過ぎてしまいます…

ですから大皿の料理の場合は、
極力1種類ごとに小皿にとりわけるようにしましょう。
できれば、おかわりも控えるのがいいですね。

こうすれば一皿あたりの量から、
どれだけ食べたかがすぐに把握できるので、
減量中の食べすぎ防止に役立つでしょう。

友人や兄とのパーティや鍋物…
みんなで同じ料理をつつきあってわいわい言いながら食べると、
とても楽しいしおいしく食べられますよね。
でも、減量の難敵でもあります。

しかし「絶対ダメ!」というのもつまらない…
こういうときは「減量パーティ」を開いてみてはどうでしょう?

カロリーの低い食材や料理を
みんなで考えて、みんなで料理して、みんなで食べる…
そんな「減量パーティ」をすれば、
少しは食べ過ぎやカロリーオーバーに
歯止めがかかるのではないでしょうか?

でも、やっぱり一番いいのは、
始めから小皿での食事を心がけることですね!

というわけで、
減量中の大皿料理には注意が必要ということだけは、
頭に入れて置きましょう!

今日はおしまい!!!

港区高級賃貸

クレジットカード口コミ

カードローンランキング



巖、のきゃりー 黒歴史

2014-04-17

皆様、こんにちは~。

突然ですが、オレ、この21日間で、10㌔の減量に成功いたしました!
もう何年も、全く体重が減らず、減るどころかちょっとずつ増えていた体重が、ようやく減ったのです!
 
21日間前、ふと気がついたのです・・・
体重が減らないのは、脳のせいなのではないかと!!!!!
 
オレ、数年前から、
ゲルマニウムやwiiスポーツを、
毎日実践しております。

そして、
「10時と午後はしっかり食べて、真夜中は少なめ」とか、
「真夜中は米は食べない」とかやっておりましたが、
全然効果ありませんでした。
 
それで、ある日、いつものようにまた食べ過ぎてしまい、
後悔に苛まれていたとき、
そういえば、ご飯を食べている瞬間、
ダイエットの事を忘れている自分に気がついたのです!

空腹に促されるまま、
大好きな赤いチップスターや赤いチップスターなんかを、
食いたいだけ食っているのであります。
 
次の食事から、ご飯を食べているときにも「ダイエットの事をしっかり考える」と心に決め、以下のことを実践してみました。

・10時も午後も真夜中も、いつも食べる量を、お皿に並べる。
(ここで、脳が指令を出しているのではないかと思われます)
・そこから、3口ほど量を減らす。
量を減らすのは、全体の中の3口だけです。いろんなおかずやご飯から、ちょっとずつ減らします。

これをしたところ、なんとどんどんと体重が減りました!!
要するに、一日に採るエネリギー量より、運動量の方が少ないから、体重がちょっとずつ増えてしまうので、それを逆転するようにしてみた訳です。
 
この調子で、がんばってみます!
あと10㌔痩せたら、そこをキープしたいと思ってます!

英会話オンライン

ハッピーメール



ゆかりのキャリー ヘアサロン

2014-04-13

昨日は久々にぐっすりねれました。

胃腸が小さくなれば痩せられる。
そんなイメージありませんか?

早く痩せたいがために、胃腸を引き締めようと
毎食ごとに、服の上からベルトで
胃腸の部分をギュ!っと締め付ける。
確かに、かなりきつく締め付けるので、
苦しくてあまり量が食べられなくなり、
体重が減る事もあるでしょうが・・・

こんな話しを太郎としていた事があるんですが、
意外と一度はやった事がある人が多いみたいですね。

よくない方法だったと反省している人もいると思います。
胃腸の弱い人は、胃腸痛がひどくなったりしますし・・・
ベルトをとると、胃腸が解放されるからか、
その途端ウエストがすいてしまったり・・・
いかに我慢するか、空腹との戦いになりますよね。

そんな辛い思いをしながら少し痩せたのに、
やめたら少しずつ太りはじめる。
そのはずですよね。
ほとんど食べないから、まさにプチ断食のような事をしていたんですから。
リバウンドしても仕方のない事なんですよね。

しかし、空腹と戦ったり、
食べないことを妻に怒られたりしながら頑張ったのに、
結果リバウンドでは悲しいですよね。

どれだけ辛い思いや、大変な思いをしても、
そのダイエットがよくないものだったら
痩せてもリバウンドして、またダイエットの繰り返し。

逆に食べることを我慢しないで、
食に対するストレスを溜めないダイエットは、ラクに痩せて、
更にしっかり栄養をとっているからリバウンドもしない。

この違いは大きいですよね。

しかし、早く痩せよう!と思うと、
痩せるけどリバウンドでまたダイエット・・・
という結果になるダイエットを
きっと選んでしまうのではないでしょうか。
大変とわかっていても、早く痩せられる方を選んでしまう・・・

読者様、こんな悪循環は早く断ち切りましょう!

プロミス

脱毛ラボするなら

« Older Entries

最新のお知らせ

過去のお知らせ

サイト管理

ページ上部へ戻る

Copyright© 2012 キャリーぱみゅぱみゅの魅力 All Rights Reserved.